• 17件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ

26/4/2017

P4260202 オイル警告灯が点く原因の一つには圧力スイッチの故障も挙げられます。
この故障であれば修理は一番簡単なんですけどね。
まずはこいつをチェックしてみようとエンジンから取り外して家に持って帰りました。

P4260200 どうやってチェックしようかと考えましたが思いついたのがこの方法。…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

25/4/2017

船を出したいと思いながらもトレーラーに手を取られていてなかなか出航できずにいましたが友人を誘って今日やっと出航出来ました。
このSB2、リグがややっこしいのでなかなか一人では動かすのが難しいです。

出航してしばらくは機走、エンジンからの煙は無事解消されたようです。
もう一つのチェックはスロットルを開けた時の黒煙、さて燃料噴射ノズル交換の効果はあったでしょうか。…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

24/4/2017

SB2 エンジンリモコン計画

  • Tomi
  • 2017/4/24 23:18:00

SB2の最大の悩みはキャビンが油臭いこと、嫁さんも嫌がって乗ってくれないし友人を誘って中でビールを飲む気にもなりません。
臭いの原因はエンジン回りに漏れた軽油なんですがなんといってもエンジンはキャビンから隔離されてなく丸見え、キャビンと言うよりエンジンルームに居るようなものですから臭うのが当たり前ですよね。

臭い対策は「臭い物に蓋をする」の言葉のようにエンジンをキャビンから仕切ってしまうのが一番なんで…

続きはこちら

  • コメント (2)
  • トラックバック (0)

23/4/2017

SB2 ボートフック

  • Tomi
  • 2017/4/23 23:08:16

SB2は係船はお尻から接岸していますが毎回すったもんだと苦労をしています。
頭から突っ込めばもう少し簡単なんでしょうが初めての接岸で舳先を岸壁にぶつけてしまったトラウマと頭からは乗り降りがやりづらいせいもあってなかなかその気にはなれません。
お尻から接岸するときには舵の効きが悪くてなかなか思うところにお尻が入ってくれずブイに繋がれたロープをつかむのに一苦労。
P4230209  で、長いボートフックがあればロープ回収が…

続きはこちら

  • コメント (3)
  • トラックバック (0)

17/4/2017

一晩経って固まったパテ、今日は整形です。
カンナを使って余分なパテを削り始めましたが思っていたよりもパテが固くなかなか削れません。
暫く頑張ってみましたが埒が明かないので電気カンナを引っ張り出しました。
電気カンナを使うといつも失敗するし、削りくずが飛び散るのであまり使いたくなかったんですが背に腹は代えられません。
ブイーンてな感じで手カンナに比べて効率よく削ってくれます。…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

16/4/2017

取り外してからもうかれこれ5カ月近く、なかなか先に進まないブームサポートの修理をやっと再開。
(私は勝手にブームサポートと呼んでいますがヨット用語で専門的な名前が有るようなのですが不勉強で知りません。)

P4160202 前回は腐ったところをほじくってしまったところで次の方針が決まらず終わってしまっていましたが手直しを試みることに決定。
ま、失敗したら新しいものを作れば良いだけなんでダメもとでやってみることにします。…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

15/4/2017

ホンダ リード オイル交換

  • Tomi
  • 2017/4/15 23:08:35

我が家のスクーター、あまり乗らないのでついついメンテナンスもさぼり気味。 かなり前からやらなきゃと思っていたオイル交換をやっと行いました。

まずはオイル、
リードの取説にはJASO T903:MB、SAE:10W-30、API:SL、これら3つの規格を満たしているオイルを使えと書いてあります。
これに対して我が家に転がっていたオイルはホンダウルトラG1、SAEとAPIの分類は合致しますがJASO T90…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

14/4/2017

SB2 バッテリーが死んだ?

  • Tomi
  • 2017/4/14 22:47:14

デンタで充電失敗したバッテリー、
前回はDC12V出力を使って失敗したので 今度はAC100Vを使ったらどうかということで最大充電電流10Aのバッテリー充電器を購入して持っていきました。 これだったら過電流になる心配はないし10Aで充電できれば時間の短縮も出来ますからね。
DSC_0009 接続を完了してデンタ始動、テスターで出力電圧が100V近辺になるように周波数調整つまみを回します。
ここで周波数を測ってみると55…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

12/4/2017

ここんとこずーっと雨続きでしたがやっと晴れて船に出かけました。
やったのは燃料噴射ノズルと燃料配管を交換したエンジンの試運転とマストに上ってガフのハリヤードを交換。

エンジンはまず漏らして空っぽになった燃料タンクに軽油を補充して配管のエア抜き。
軽油が周りにこぼれないようにウェスを巻いて行いましたが結構こぼしてしまいました。…

続きはこちら

  • コメント (2)
  • トラックバック (0)

10/4/2017

SB2 デンタ 失敗原因調査

  • Tomi
  • 2017/4/10 23:16:00

悲惨な結果に終わったデンタでの充電、今日は失敗原因の確認。

P4100202 P4100204 とにかくこのデンタ、調整できる個所は周波数調整のつまみしかありませんのでこれでどの程度出力電圧が変化するのか調べてみました。
要はこのつまみ車で言えばアクセルですね。
負荷にはいつもテストに使う電気ストーブ、抵抗値を測ると12Ω、12Vでは1A流れることになります。…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 17件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ