昨日、長崎大学ロマンツアー合唱団の定期演奏会に行ってきました。
OBでもなんでもないですが。


約40人で男声の方が女声よりも若干多いという構成。
ここ数年で団員数が変動しているのかどうか定かには知りませんが、
ずっとこれくらいの人数を確保できているならそれはそれで素晴らしいことだと思います。

大学の合唱団において、学生指揮のみで賄っているところもあれば
常任の先生を頂いているところもあります。
それぞれ長所と短所がありますが、一般的には専門的な指導ができる常任の指揮者がいる団のほうが技術的には優れているように思えます。毎年、ある程度のレベルを維持できる可能性が高いという意味です。

学指揮のみの場合、年度によっては突然変異的に非常に音楽性の高い団になったりすることもあります。
逆に、団全体で暗中模索状態に陥る危険性もあります。

ただ、合唱団は指揮者を育てるという役割を持っていますから、みんなで模索しながら可能性を探していくことは決して無駄な事ではない、と僕は思います。

指揮者はさておき、ヴォイストレーナーはやはりしっかりと確保しておいたほうがよいでしょうね。
東工大コールクライネスは男声と女声で別のトレーナーがおられるようですね。
(ちなみに常任は大谷先生だけどコンクールでは学指揮が振る)
ロマンツアーは伝統的に学指揮で通されているようです。



さて、第1ステージは信長さんの「カウボーイ・ポップ」(詩:寺山修司)

寺山修司の詩は数多く信長さんにより作曲されていますが、この「カウボーイ・ポップ」はなんというかマザー・グースみたいなところがあって、いったい何を言いたいのか?という詩が多いですが、あんまり難しいこと考えずに楽しんで歌うというのが正解なのかもしれません。

しかし、「ある日」の詩情や「ヒスイ」の切なさは合唱人にはそそられる。



ロマンツアーの演奏はこのステージに関して言えば少し消極的な感じ。
それは発声の問題だったり、目が譜面からまだ離れてなかったりすることが原因だったのかもしれませんが、まだそれぞれの曲のテーマがちょっとわかりにくかったというか、主張すべき曲想がまだ固まっていないような気がしました。
メロディラインの移り変わりやパート間のアンサンブルをもっと気にしていけばもう少し聴きやすくなったのではないかな、と思います。


第2ステージはディズニー長編アニメ35作目の「ヘラクレス」から

ミュージカル仕立てのステージです。
この映画、1997年製作ですから13年前。いまの大学生諸君が10歳前後に夢中で見てたのでしょうか。
残念ながら私、これを見てなくて曲もまったく知らず、なんで「ヘラクレス」なん?と思ったりしたのですが、このステージになると学生諸君の声が前に出だしました。
演出的には?というところもありましたが、それなりに(^^ゞ楽しみました。


第3ステージは詩:山本瓔子 曲:松下耕 「刻の彼方へ」

松下作品の中では難易度的に言うと比較的歌いやすい組曲かなと思いましたが、「2 崖の花」や「3 金色の実」はけっこう掴むのが難しい。
しかしそこをじっと我慢してしっかりと積み重ねてこそ「4 とても大切なもの」のラストのユニゾン『鳴り出すカリヨンの ひびきのように』の歓びに繋がるのだと思います。
第2ステージの余韻か、「カウボーイ・ポップ」よりは声が出ていたと思いますし、言葉を丁寧に歌おうとする気持も伝わってきました。


全体として、低声部=アルト、ベース諸君はもっと頑張ってほしいな。
声も歌いまわしもね。
芯のある声をめざして豊かな響きが鳴るように。
そうすれば合唱団としての「厚み」が増して、説得力や吸聴力が出てきます。

大学合唱団はその地域の合唱全体を引っ張っていく、という気概を持ってほしいと常々思っています。
今後も、ロマンツアーさんには旺盛なる好奇心をもって合唱に取り組んでいってほしいなあと思います。

  • コメント (6)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/237010

コメント

合唱団に直接伝えるならこの内容で良いと思います。
しかし不特定多数が閲覧するブログなので、合唱団の名前を出したならもう少し表現に気を配ったほうが良いのではないでしょうか。

  • Posted by 夕方6時過ぎ
  • at 2010/12/12 18:21:18

>夕方6時過ぎ さま

一聴衆として率直に感想を書いたので、気を悪くされた部分があったのかもしれません。

でも、応援したい気持ちは充分持ってます(でなければ聴きに行きません)し、表現もかなり気を配ったつもりなのですが(*_*;


  • Posted by area51
  • at 2010/12/12 19:04:39

もちろん感じ方には人それぞれあるのでしょうが
私はこの感想は
「非常に」表現に気を配ったもの、と感じました。
夕方6時過ぎさんがどのような理由で
そのような意見を述べられているかはわかりませんが
誉めそやすだけではなく、
建設的な批判を
匿名掲示板ではなくブログにて述べることは
合唱団側にも非常に意義があることだと思います。
(発言の主が明らかにされているということは
合唱団側がブログ主の意見に疑問を感じても
お互いに意見の交換ができるということで、
それによってお互いの見識の発展にも
繋がるのではないでしょうか?)

  • Posted by 文吾
  • at 2010/12/13 00:40:49

私も文吾さんと同意見です。
私はそのコンサートを見に行ってはいないのですが、コンサートの様子が目に浮かぶし、十分に配慮された記事だと思いました。
たとえば、小中学校等の校内合唱コンクール等のクローズドのステージであれば、さらに「教育的配慮」が求められる場合もあると思いますが、一般聴衆に向けてオープンな演奏会を行う側からすれば、厳しい感想であっても、ネット上で反応があることは励みになると思います。
私自身、コンサートやコンクールの場で人前で演奏する機会が多いのですが、演奏の間、聴衆の貴重な「時間」をいただいている、ということをできるだけ意識しています。そして、その演奏への反応はどんな厳しいものであれ、ありがたいものです。
いろんな方がいろんな感想を持つことは当然のことでもあり、このような場で話題にしていくことは、合唱団にとってプラスになることだと思います。
area51さま、これからも記事を楽しみにしております。

  • Posted by zi:zi:
  • at 2010/12/13 07:14:52

久しぶり、ン十年ぶりに定演を聴きに行きました。市民会館ONLYだった私らの頃の定演にかける意識とは、もしかしたら少し変わってきているのか?・・・とも感じましたが、それでもきっと、私らの頃と変わらず、現役団員の学生さんたちは、一生懸命準備して、今、やり終えた感いっぱいなのだろうと思うと・・・打ち上げ後の部室で二日酔いの頭を抱えて読むアンケートの内容が、ケチョンケチョンばかりじゃつらかろう、と思い、ついつい、あの場では甘い感想を書いてしまった。こんなところに、かなりマイルドな表現ながら率直な感想を述べている方がおられ、OBとして反省させられました。area51さんの感想に、実際の所かなり同感です。そして聴いた者として言わせてもらえば、相当にマイルド化されています。たぶん今年の楽事担当さんはもう引退だと思うので、批判を聞くのはつらいことかもしれませんが、よかったよかったで終わらせるのでなく、「合唱人生はこれから始まる」と捉えていただき、何十年かけて、互いに成長していけたらいいのではないでしょうか。

ロマンツアーの現役学生さんたち、読んでくれ。OBのおじさんおばさんたちはみーんな、全国各地のいろんな合唱団で、きみたちを待ち受けている。卒業しても続けましょう。

  • Posted by ROMANTOUR OBです
  • at 2010/12/13 10:42:12

>area51様

>応援したい気持ちは充分持っていますし

そういうお気持ちを充分持っていらっしゃるとうことが、この一文でやっと分かりました。本文を読んだ時にはそれが分かりませんでしたので。

それと応援したい気持ちを充分お持ちなら、御自分のブログに書かれるより、合唱団のホームページを探し直接メールを出された方がより伝わると思いますよ。

所詮ブログは匿名ですし(area51様が音楽界では有名な方で、この名前で知られた方なら無知をお詫びします。)、合唱団と意見交換するなら、御自分のブログという不確実な方法より、直接メールするなり手紙をだすなり会いに行くなりするのが適当だと思います。そうすれば表現に気を配らなくても、辛辣な内容でも応援したい気持ちがあることが分かれば相手にも伝わるでしょうから。

当日アンケートのようなものもあったようですので、それにも当然感想を書かれたことだと思いますが、このブログの内容はそのアンケートへの記載で済む内容だと思いました。

私もこのコンサートを見に行っていませんが、少なくとも私はこの記事で合唱団に魅力を感じなくなりましたよ。この記事を読むとあまり上手ではない印象を受けましたし、聴衆を魅了する力も持っていないように感じたからです。

そこが当事者たちに対する気遣いかなと思いますよ。
ですから「率直に感想を書く」のも必要なことかも知れませんが、配慮すべき点もあるのではと感じたのです。
しかしOBの方が感謝しておられるようですので、そういった心配は必要ないのでしょう。

学生さんたちですから、このブログを見ても「ありがとうございます。」と感謝されるでしょう。
私も合唱団側だったらそうだと思います。

  • Posted by 夕方6時過ぎ
  • at 2010/12/13 17:12:07