全国大会in鳥取①

  • area51
  • 2016/11/29 00:20:55

11月が終わってしまうその前に、今年の全国大会について少しでも残しておこう。

思えば1年前の秋は毎日がフワフワした感じで、早く始まって早く終われ~と思っていました。
で、実際始まってみるとあっという間にプログラムが進んで、大会二日目の午後ともなると、あれあれ?もうすぐ終わっちゃうの?と妙な焦りが。

僕たちはいろんなものを吸収できているのだろうか?


でも終わってみて感じたのは、吸収するとか何かを得たとかの損得みたいなことじゃなくて(それももちろん有るんだけど)、何というか、開催する側も出演する側も聴く側も、みんなの共同作業で作りあげた大音楽会の一員になれてよかったという喜びだった気がします。
今回第69回の鳥取大会でも、鳥取県・中国支部の皆さんはとてもキッチリと機能していて、出演者の皆さんもしっかりと役割分担を受け持って素晴らしい大会になっていたのだと思います。
(すみません。帰りの便の都合上、最後までいられなかったので後日情報を元に書いています)

鳥取県のスタッフの方に、着用しておられたスタッフベストが黒だったので一般のお客さんとの区別がしにくかったことを敢えて申し上げたら「私たちもそれは大きな反省点と思ってます!」
・・・すみません、塩を塗ったみたいで。


さて、長崎から6時間かけてとりぎん文化会館梨花ホールにたどり着きました。
小ホールと大ホールを備えた立派な建物です。


1日目の室内部門を聴き終えて、夜の催しまでの一人飯は完全に手抜きして、宿泊場所のすぐ近くの和風料理屋さんで済ますことに。
ほぼ宴会コース中心メニューの中、下戸の私は純粋に食事希望。一品料理もあったので、その中から悩みに悩んで頼んだのが「ごはんセット(ごはん+貝汁)」「茄子の揚げだし」「唐揚げ」

貝汁のアサリの量が半端ないっ!
イカ塩辛の付き出しも嬉しい(^^♪
唐揚げも量が多いよ。でも完食。お腹パンパン。
これから夜の催しに行かなきゃいけねえのにこんなに満腹状態で果たして耐えられるだろうかと不安になりつつ、お勘定。

「1,200円ですね~!」

え?安っ!

美味しかったです~!

ちなみに「カニ」はお昼に鳥取駅の食堂内でいちおう食べました。せっかくなんで。


(つづく)





  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://n-log.jp/tb.cgi/276775