• 12件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ

29/4/2011

さよならフィービー・スノウ

  • area51
  • 2011/4/29 19:55:14

ロイヤル・ウエディング。ウエストミンスター寺院に流れる聖歌隊のうたごえが見事ですね。

また訃報が。アメリカのシンガー・ソング・ライター、フィービー・スノウ。1952年7月17日生まれだからまだ58歳だった。
 
初めてフィービー・スノウの声を聴いたのはたぶんポール・サイモンのアルバム『時の流れに』Still Crazy After All These Years 1975) の中の「哀しみにさようなら…

続きはこちら

  • コメント (2)
  • トラックバック (0)

28/4/2011

初夏を迎える

  • area51
  • 2011/4/28 00:30:10

もうすぐ5月。
平和公園を通ったら藤の花が満開でした。ケータイのカメラなんであんまり画質よくないですけど雰囲気だけでも。



続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

26/4/2011

1Q84

  • area51
  • 2011/4/26 00:17:08

BOOK1の発刊からそろそろ2年。
入手してから1ヶ月。
遅読な私にしては驚くべき早さでBOOK3まで読み終えました。

正直に言いますが・・・おもしろかった。…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

23/4/2011

ファイヤボール続編

  • area51
  • 2011/4/23 14:02:44

この時期、こんなふざけたものを紹介するのはいささか気がひけますが。
高密度インダストリアル・ギャグ・短編アニメーション第2章

「ファイアボール チャーミング」

「ドロッセル」お嬢様と(おそらく)執事ロボット「ゲデヒトニス」(ドロッセルから正しく名を呼ばれることは決してない)の二人の鮮烈な掛けあいが一話1分半のなかに凝縮されるCGアニメです。

続きはこちら

  • コメント (2)
  • トラックバック (0)

21/4/2011

唐突ですが、ちっちゃな記憶媒体に楽曲を何百曲も取り込んで持ち運べるこの時代に、あろうことかCDアルバム一枚だけしか持って行っちゃダメ!と言われたら私はこのアルバムを選ぶ・・・かもしれない。
・・・どこに持っていくのか明らかではないけど・・・

Brasil 
ご存知マンハッタン・トランスファーの『ブラジル』'89年第31回グラミーアワード、ベスト・ポップ・パフォーマンス部門(デュオまたはグループ)を受賞)

続きはこちら

  • コメント (3)
  • トラックバック (0)

18/4/2011

東の吹奏楽定演です

  • area51
  • 2011/4/18 13:31:21

・・・御無沙汰してました。(誰も待ってないだろうけど)

原因不明の結膜下出血というやつで右目がウサギです。本人は痛くもかゆくもないのですが、会う人毎に「どうしたの」とびっくりされたり引かれたりしてめんどくさいです(@_@;)以上、近況報告。

先日福岡の精華女子高とのジョイントをやったばかりですがもう定期演奏会です(*^_^*)…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

10/4/2011

さよなら シドニー・ルメット

  • area51
  • 2011/4/10 22:52:44

映画監督シドニー・ルメットが亡くなりました。86歳。

「12人の怒れる男」(1957年)という映画のことは皆さんご存知でしょう。

ある殺人事件の陪審員になった12人の市民。小さな扇風機しかない猛暑の陪審員控え室で、評決を下さなければならない。…

続きはこちら

  • コメント (2)
  • トラックバック (0)

7/4/2011

みんなのともだち

  • area51
  • 2011/4/07 20:00:01

今日、4月7日は「鉄腕アトム」の8歳の誕生日。

2003年に誕生したアトムは人類の強い味方です。いま、福島の原発では多くの関係者が必死の復旧作業に従事されていることと思います。この問題が起きて、まず思ったのは「アトムがいてくれたらなあ」ということでした。2003年には生まれていたはずの「原子の子」アトム。
原子力の問題をアトムが解決してくれるとしてもそれは悲しい皮肉です。現実世界にはまだアトムは生まれ…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

6/4/2011

サンドアーティストの芸術 

  • area51
  • 2011/4/06 11:15:08

ゆうべテレビで見たウクライナのサンドアーティスト(砂芸術家)クセニア・シモノバさんの動画。
彼女が天才美少女であることを抜きにしても、スピーディな展開で描かれるサンドアートと音楽によって生まれる幻想的な世界は見応え充分で感動的です。

さて、この動画は第二次世界大戦によって引き裂かれた恋人たち、家族の悲劇を描いているのですが、始まって5分すぎに流れるBGMが昔ちょっとだけ練習したことのある(ステージに載…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

5/4/2011

四月になれば彼女は

  • area51
  • 2011/4/05 17:35:38

早いものでもう四月。
山里小学校のサクラもそろそろ満開です。

震災から3週間、東北にも早く春が来てほしいものです。

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 12件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ