• 17件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ

30/6/2012

まゆげはのびるよどこまでも

  • area51
  • 2012/6/30 12:36:28

歳をとった、という自覚。
鏡はだいたい毎日見るので顔の皺なんていうのは日々微妙に増えていくのだろうから意外と自分ではさほど気にならない。何年ぶりとか何十年ぶりとかに会う人が見れば、コイツも皺が増えたな~と思われるだろうけど。
身体がスムースに動かない、というのも歳をとった感覚には違いないけれどそれはまあ「運動不足」というひとことで片づけたりもする。実際は、かりに「不足」してないとしても間違いなく「運動…

続きはこちら

  • コメント (4)
  • トラックバック (0)

27/6/2012

ミスターイトウ

  • area51
  • 2012/6/27 23:11:44

市販のビスケットも様々ですが、ハズレがないのは・・・
ミスターイトウのビスケット!ChocoChipsを久々に口にしました。
うん、美味しい。サクサク感と甘さが絶妙(^^♪。
おっと、これまたステマと思われるか?(~_~;) ま、いいや。
ブランド名に親近感があるわけでもないのですが、昔からちょいちょい口にするたびに「う~ん、やっぱミスターイトウは美味しいな」と思うわけで。なのに不思議なことに「ちょいちょ…

続きはこちら

  • コメント (4)
  • トラックバック (0)

26/6/2012

言いたい邦題のワケ

  • area51
  • 2012/6/26 23:48:44

映画のタイトルについてちょこちょこ書いてきましたがそもそもの発端は「ブリューゲルの動く絵」(公式サイト)のせいなのです。

昨年末、この映画を紹介したときは長崎での上映予定はなかったのですが、先日セントラル劇場で観ることができました。
ブリューゲルの大作『十字架を担うキリスト』を実際に再現してみたらこんなに美しく不思議な世界がうまれました、という映画なのかと思っていたのですが実はそうではなかった。この映…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

24/6/2012

また寝不足・・・/ユーロ2012

  • area51
  • 2012/6/24 23:45:11

面白いですね~・・・・ユーロ2012。
予選リーグの途中で地上波が終わり、ありゃりゃと思ってたら、トーナメントに入ると地上波放送が復活してくれました(^^ゞ。で、今朝3時半に起きて準々決勝スペインvsフランス戦を朝6時前まで。

スコアこそ2-0だったけどスペインの攻撃のスピードは半端ない。ボール取られたあと取り返しにいく獰猛さ!トーナメントに入ってますますギアチェンジした感じです。
準決勝の相手は隣国ポ…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

23/6/2012

名画激情/ひまわり

  • area51
  • 2012/6/23 23:55:23

もうみんなが知っている1970年の伊・仏・ソ(当時)合作映画「ひまわり」。
この映画、最初のタイトルロールに「Sunflower」と英語で出ます。原題が「I Girasoli」ですから完全に直訳です。
音楽と映像がもっとも直結する映画はなんだろう?とちょっと考えてみたら「ひまわり」なのでした。それでいつものごとくYouTubeで映像を探してみました。
いろんなダイジェストが観れますね。
うん、うん、この哀…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

合唱コンクールせまる

  • area51
  • 2012/6/23 12:29:49

来る7月15日(日)12:30より、長崎市公会堂におきまして
第15回長崎県合唱フェスティヴァル・第67回九州合唱コンクール長崎県予選
が行われます。
 詳細はコチラで。

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

21/6/2012

ダニエル・ビダルの記事で、「あまり歌はうまくない」と書きましたがフランスの歌手って、上手いのかそうでもないのかよくわからないところがあります。
エディット・ピアフはシャンソンだけど、不世出と言われる歌唱力とか迫力が凄まじいことはよくわかります。じゃ、ポップスの歌手は?ミッシェル・ポルナレフ?うん、たしかにポルナレフは上手いな。
でもね、でしょう。僕はシルヴィ・バルタンの「アイドルを探…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

16/6/2012

今にして思えば、僕にとっての最初のアイドルは「コメットさん」の九重佑三子さんだった。1968年の夏、メキシコ・オリンピックが開催されていたとき小学校4年生だった僕は、オリンピックの衛星中継に熱中する家族に裏番組「コメットさん」を見せろと猛抗議したがまったく相手にされず、泣き崩れたというかすかな記憶があります。(当時もちろんビデオ録画なんて夢)
しかし、僕は九重佑三子にホレたわけではなく、遠い星からや…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

13/6/2012

現在、新しく作曲される合唱曲のほとんどが「委嘱」によって生まれているのではないかと推察します。
新しい才能による新しい感覚の合唱作品が生まれることは喜ばしいことですが、一方で雨森さんがやられている「20世紀の名曲を歌う会」という動きもあります。(ちなみにVol.1は文吾くんブログに詳しく)
「残る」ためには「生まれ」なければならない、わけですからそういう意味では「委嘱初演=生まれたものを世に問う演奏を…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

9/6/2012

ウイステリア・コール演奏会

  • area51
  • 2012/6/09 23:51:44

長崎の合唱祭と同じ6月3日に行われた大分市民合唱団ウイステリア・コール第60回定期演奏会で歌われた佐藤賢太郎(Ken‐P)さんの委嘱作品“児童合唱と混声合唱のための合唱組曲『ウミガメの唄』”をYouTubeで早速聴くこと(見ること?)ができました。なんとありがたい世の中になったのでしょう (^^♪・・・(今更・・・)
コンクールなどでウイステリアの演奏を聴いたあとに幹事のH居さんと会うと必ず「しんち…

続きはこちら

  • コメント (2)
  • トラックバック (0)
  • 17件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ