• 10件中
  • 1 - 10件を表示

28/5/2013

ルネサンス期からバロック期の時代を生きたモンテヴェルディ(1567-1643)の大作『聖母マリアの夕べの祈り』(通称「Vespro」と呼ばれます)は、全曲演奏すると1時間半ほどかかります。
30年ほど前に初めて聴いたときに最終部「Gloria Patri」のテナーの掛け合い部分が忘れがたく、J.E.ガーディナー指揮、モンテヴェルディ合唱団による演奏のレーザーディスク(!)を購入。当時最先端オーディオ…

続きはこちら

  • コメント (2)
  • トラックバック (0)

25/5/2013

いつのまにか降り出した雨の音
急ぎ足で行く季節の終わりを告げている

ふいに窓を閉じかけた手が止まる

続きはこちら

  • コメント (2)
  • トラックバック (0)

23/5/2013

6月2日は公会堂へ

  • area51
  • 2013/5/23 00:50:00

長崎県合唱連盟長崎支部の「第55回合唱祭」のお知らせです。
平成25年6月2日(日)10時開演 長崎市公会堂 (詳細はコチラでごらんください)
出場団体は42、小学生から壮年熟年((^_^;)の方まで幅広い合唱のお祭りです。わりとポピュラーな選曲が多いので、ふだん合唱を聴かれない方でも気軽に楽しんでいただけるのではないかと思います。

昨年は都合により団としては参加できなかったのですが、私は一日司会進行を…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (1)

18/5/2013

[ムーンライズ・キングダム』

  • area51
  • 2013/5/18 12:57:00

 Moonrise Kingdom
ほんとに映画って楽しいなあ。3Dでなくてもさ。超大作でもなくてもさ。こんな映画があるからこの世は楽しい。
すごく細部にこだわった映画だとよくわかります。エンドロール最後まで楽しませる(楽しんでる)こだわり。それを支える音楽の使い方の見事さ。
ベンジャミン・ブリテンの音楽がほぼ全編で使われるので一瞬イギリス映画?と錯覚してしまいそうですがれっきとしたアメリカ映画。イギリ…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

12/5/2013

(合唱業界では)一般的に三大レクイエムとはモーツアルト、ヴェルディ、そしてフォーレのレクイエムのことを指します。
フォーレのレクイエムはフランス産らしく(?)口当たりが優しいです。全曲通しても40分程度で、オケも合唱も比較的コンパクトに演奏でき、ソロもソプラノとバスの二人ですみます。もろもろの理由で日本でもとても人気のあるレクイエムであります。
今日の毎日新聞掲載の梅津編集委員による「新・コンサートを…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

11/5/2013

一番ソングの選び方

  • area51
  • 2013/5/11 00:04:00

夕食中、下の子(高3・美術部。好きなタレント:AKB48ファミリー)が「一番好きな曲って何?」と突然聞いてきた。
area51「それって、聴いて好きな曲?歌うのが好きな曲?」
高3「ん~、総合的に」
area51「ん~、『ムーン・リバー』かな」
高3「どんな歌?」…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

10/5/2013

わたしを映画に連れて行って

  • area51
  • 2013/5/10 22:43:32

続々と、
よさげな映画が押し寄せてます。
前に記事にした『ムーンライズ・キングダム』はもう上映中だし。はやく行かなきゃ・・・。
それから
『海と大陸』。(6月8日~21日)…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

8/5/2013

うわー、へんなタイトルつけちゃいました。勘違いで来られた方、ごめんなさい(~_~;)

6、7年前だったか下関在住のkin君がなぜか突然送りつけてきたオモチャ。我が家のテューバ小僧君が暇を持て余して遊んでいます。

People社の『らっき組』です。People社は今は幼児向け玩具メーカーに特化しておられるみたいで、社のHPでの商品ラインナップには出てきませんね(^_^;)…

続きはこちら

  • コメント (2)
  • トラックバック (0)

4/5/2013

街は変わりゆき想い出となる

  • area51
  • 2013/5/04 23:56:31

ご近所の話題で申し訳ありませんが。
如己堂からアンジェラス通りを浦上天主堂のほうに向かって下りきったところの左側にカトリックセンター、向かい側に神学校があります。今日そのあたりを歩いているとなんだか風景が違う。
あれ?地下道がない!
どうりでその交差点が開放的になり、歩道が広々となってます。
ずっとやってた夜間工事はこれだったのね。…

続きはこちら

  • コメント (3)
  • トラックバック (0)

1/5/2013

すでにかなり評判の本ですが。
想像ラジオ河出書房新社
これから読もうという方もおられると思うのであらすじ紹介はしません。
でもどうしても知りたい方はこちらで
まったく中身の想像がつかないタイトル。郷里に戻って二日目に遭遇した想像を絶する「体験」によって、高い木の上に仰向けに引っかかったまま「想像ラジオ」のDJとなる主人公アーク。彼の「放送」に無数の声が答えを寄せる。彼は誰に向かって語るのか。何のために語るのか。そ…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 10件中
  • 1 - 10件を表示