• 26件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ

31/8/2013

台風上陸間近。もう温帯低気圧になったかな?大雨の被害が小さければいいですが。週末いろいろ予定あるし…(@_@;)

「JUDY AND MARY」の頃からとても気になっていたYUKIが歌う新曲『STARMANN』はいいなあexclamation 
 

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

29/8/2013

いま、急いで(というより焦って)読み進めている本があります。
福井晴敏『人類資金』
人類資金1 (講談社文庫)
勘違いでなければ、原作本発刊と間髪を入れず映画が公開されるというかつてない試みのようです。
福井晴敏氏は「亡国のイージス」で日本の防衛問題を、「終戦のローレライ」では人間と戦争をもう一度見直すことを提起してきました。そして、いま世界が向き合わないといけないのは「世界を支配しているルール」、すなわち「経済」であるという信…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

28/8/2013

まずは九州大会in鹿児島

  • area51
  • 2013/8/28 23:48:05

早いものでもう九州大会の季節。ハードな9月のメインイベントのひとつです。

9月13日~15日 鹿児島市民文化ホールにて。進行表はこちらで見れます。
僕の所属する合唱団も長崎県代表のひとつとして出場します。今年の課題曲はスペインの作曲家ヴィクトリア(1548~1611)の「O Magnum Mysterium(おお、大いなる神秘)」を。自由曲はフィンランドの現代作曲家Ola Gjeilo(ウーラ・ヤイロ…

続きはこちら

  • コメント (2)
  • トラックバック (0)

26/8/2013

9月になれば僕は

  • area51
  • 2013/8/26 22:05:07

先日、「長崎では公開未定・・・」とボヤいていた映画『アンコール!!』
アンコール!!のポスター が、
9月28日からTOHOシネマで!始まるらしい(*^_^*)
行ってやろうじゃないの。

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

25/8/2013

今日、気づきました。
『八重の桜』のタイトルロールの映像が変わっていることを。
会津戦争が終わり、新天地京都に舞台を変えたこともあるのでしょうね。降りしきる雨に打たれた八重が立ち上がり一歩一歩進むというシーンが無くなって、森の中に大型テレビが置かれてるし、全体的に明るい光が射すオープニング。

NHKオンラインによると、毎月一部変わっていたそうな・・・。それは知らなかったけど、今回はさすがに気づきました…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

たまには直球勝負を挑もう

  • area51
  • 2013/8/25 00:57:00

久々に雨も降ったことだし、サイモン&ガーファンクルの歌に耳を傾けてみましょう(*^_^*)。意味わかんないね。
以前に記事にした数曲は、どちらかといえば地味な曲でした。いわゆる「佳作」っぽい。『四月になれば彼女は』とか『雨に負けぬ花』とか。
今回はどーんと、『明日に架ける橋』1970年、S&Gが活動休止となる直前に発表されたアルバムのタイトル曲のこの歌を初めて聴いたとき、ご多分に漏れず僕は泣きました…

続きはこちら

  • コメント (4)
  • トラックバック (0)

23/8/2013

潮騒のメモリーと進学ブックと

  • area51
  • 2013/8/23 20:01:20

いよいよ佳境に入ってきました。あまちゃん。
うちに帰ると、このCDが。
 ジャケットイラストは鉄拳。ディスクは昔風(ドーナツ盤風)(*^_^*)
ご存じのように歌詞ははちゃめちゃ。笑うなあ・・・。キョンキョンは変わんないねえ~。
9月28日が最終回?いったいどんな結末が待っているのでしょうか。…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

21/8/2013

東日本大震災復興支援『ふるさとと ともに』と題された、

先日の「しおかぜ総文祭・合唱部門」に登場し、圧倒的な「合唱のチカラ」を見せてくれた岩手県立不来方(こずかた)高等学校音楽部のCDです。
1.願い~震災をのり越えて/釜石高等学校音楽部のみなさんと2.空より高く3.故郷4.ふるさとの山に向ひて5.上を向いて歩こう6.BELIEVE7.ひょっこりひょうたん島8.涙そうそう9.さくら10.負けないで1…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

15/8/2013

「2013長崎しおかぜ総文祭/合唱部門」全40プログラムに対する勝手な感想やエールを書かせてもらいました。
実は総文祭に触れたのは生まれて初めてでした。単純に47年に1度しか巡ってこないし、自分が高校生の頃にはなかったもの。(第1回が1977年千葉県開催だそうです)たまたま長崎で合唱に関わっているのと、たまたま高校生の息子が美術部に入ってるということでしたが、これはかなりの幸運だったと思うわけです。…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

しおかぜ総文祭【合唱部門】⑪

  • area51
  • 2013/8/15 00:14:00

ラスト・スパートです(*^_^*)
残りの3プログラムは順に56名、100名、308名という大型合唱団の登場ですよ。

38.奈良県 奈良県選抜女声合唱団(女声56名)県立奈良高等学校・県立平城高等学校・県立高円高等学校・県立生駒高等学校・県立奈良北高等学校・県立郡山高等学校・県立橿原高等学校・県立畝傍高等学校・県立桜井高等学校・奈良女子高等学校
「泣声」「できたら」(作詞谷川俊太郎 作曲信長貴富)…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 26件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ