• 8件中
  • 1 - 8件を表示

28/8/2014

行きつけのコンビニにて

  • area51
  • 2014/8/28 23:38:00

平日にほぼ毎日立ち寄るコンビニ。いつもタバコを1箱買うのに寄るのですがもう何年も通っているので僕がレジに立つと何も言わなくても「ハイ!」とその銘柄を出してくれる。たまに払込などの他の用事もあるのだが、有無を言わせずタバコが出てくるので買わないわけにもいかない(*^_^*)けっこう永い人が二人(MさんとYさん)いて、そのうちのお一人は厄介な病気と格闘中であることも聞いた。たまたまレジが暇なときはバカ…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

26/8/2014

楽園のカンヴァス/原田マハ

  • area51
  • 2014/8/26 18:18:00


ニューヨーク近代美術館の学芸員ティム・ブラウンは、スイスの大邸宅でありえない絵を目にしていた。MoMAが所蔵する、素朴派の巨匠アンリ・ルソーの大作『夢』。その名作とほぼ同じ構図、同じタッチの作が目の前にある。持ち主の大富豪は、真贋を正しく判定した者に作品を譲ると宣言、ヒントとして謎の古書を手渡した。好敵手は日本人研究者の早川織絵。リミットは七日間―。ピカソとルソー。二人の天才画家が生涯抱えた秘密が…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

20/8/2014

8月10日。台風11号は四国方面に向かい、長崎の外海ではうっすらと夕焼けも見えました。
遠藤周作文学館での「平和の灯コンサート」は当初は屋外エントランスで行われる予定でしたが、まだ風が強く吹きまして楽譜を押さえるのがタイヘン!ということで文学館内のロビーで開催の運びとなりました(*^_^*)

文学館の職員の方のお話ではお客さんは20~30人ほど?と予想されていたのですが、ふたを開けると60人ほど集ま…

続きはこちら

  • コメント (2)
  • トラックバック (0)

9/8/2014

明日は外海でカゼニモマケズ

  • area51
  • 2014/8/09 10:03:04

台風ノロノロ11号君のおかげで右往左往しています。
明日8月10日夕方6時から外海の遠藤周作文学館で行われる「平和の灯コンサート」に出演させてもらうのです。昨日まで開催が危ぶまれていましたがどうにか歌えそうです!(^^)!ちょっと見にくですが。
日 時:8月10日(日)18時~
  場 所:遠藤周作文学館 外テラス
     (雨天の場合は館内エントランスホール)

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

6/8/2014

水曜の夜、BSで「花子とアン」の再放送を見てそのままの流れで
「植物男子ベランダー」を見る習慣が。
都会のマンションのベランダで植物を愛でる田口トモロヲ(「プロジェクトX」のナレーションしてた人ね)演じるバツイチ中年男が独り語るドラマだから派手さは何にもない。行きつけの花屋から買い込んだ花にまつわるエピソードが展開されるのだが、淡々とした中にほろっとしたりニヤッとしたり。この何でもないドラマがとても心…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

4/8/2014

「桃娘」を食べてみた

  • area51
  • 2014/8/04 18:24:22

夜のお父さまがたにはお馴染み、銅座「○ケヤ」さんのスイーツ。
「桃娘」

お土産でいただいたので食べてみました。まさに丸ごと「桃」!真ん中の種の部分にはカスタードクリーム。底の部分にスポンジケーキ。これが思ったほど甘くない。というか甘ったるくない。桃の甘さと酸っぱさとマッチして絶妙の味。美味しかったです(*^_^*)
「桃娘フェア」で少々お得だったのですね・・・。

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

2/8/2014

「マダム・イン・ニューヨーク」
これはたいへん素敵な映画でした。なんといっても主役シャシを演じるボリウッド映画界の大スター、シュリデヴィの半端ない美しさに見惚れます。タイトルロールでは勿体ぶってピンボケ気味の後ろ姿しか映さなかったのに、一度登場した後はほぼ映画全編に亘りシュリデヴィを映してくれた監督(ガウリ・シンデー)は女性ながらシュリデヴィの魅力をまず伝えたかったのだろうと思います。
インドの女優さ…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

1/8/2014

『若者たち2014』が熱い

  • area51
  • 2014/8/01 23:51:00

ドラマ『若者たち』。

君のゆく道は はてしなく遠いだのに なぜ 歯を食いしばり君はゆくのか そんなにしてまで

見てる人は少ないかもしれない。1966年に放送された青春ドラマ『若者たち』のことを僕はかすかに覚えている。設定は当時のドラマと同じ、両親を失くした5人兄弟が、もがき苦しみながら生きていく青春群像ドラマ。妻夫木聡、瑛太、満島ひかり、柄本佑、野村周平の5人兄弟に、吉岡秀隆、蒼井優、長澤まさみ、橋本…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 8件中
  • 1 - 8件を表示