• 11件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ

31/12/2014

『あなただけ今晩は』

  • area51
  • 2014/12/31 19:35:00

大晦日の朝10時。TOHOシネマズは親子連れ、お孫連れで大賑わい(^_^;)
今年最後に観た映画は「新・午前十時の映画祭」の『あなただけ今晩は』(1963)でした。ストリートガールが闊歩するパリの裏通り。パトロール中の新米警官ネスター(レモン)は、お楽しみ中の上司を検挙してしまい、クビを宣告される。傷心のネスターは、酒場でヒポリートという男をやっつける。彼は、その界隈の稼ぎ頭である娼婦”可愛いイルマ…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

28/12/2014

いよいよ今年ものこり僅かとなりました。
今年観た映画で一番記憶に残った映画はなんだったろう。山ほど観たわけでもないけどその中で選ぶとすれば。
大好きなのは『LIFE!』だな。やっぱり。スピード感、映像の美しさ、カメラワーク、音楽、抒情性どれも素晴らしかったと思う。
観た直後に感想長々と書いてますが・・・。

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

25/12/2014

全国大会in高松 つづき②

  • area51
  • 2014/12/25 00:36:00

これまでコンクールでの自分たちの演奏CDやDVDを買ったことがほとんどなかったのですが今回ブレーンさんのブースを覗いてたらたまたまモニターにウチの演奏が・・・。歌っているメンバーの表情を見ているうちに「買っちゃおうかな」という気になってしまいました。

室内合唱の部①には出演順で1.ウチ、2.L'Aube des Temps(ろーぶ・で・たん)、3.ウィスティリアアンサンブル、4.女声合唱団ソレイユ、…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

24/12/2014

『満願』/米澤穂信

  • area51
  • 2014/12/24 22:44:00

今年のミステリー賞を総なめにしている本。 人を殺め、静かに刑期を終えた妻の本当の動機とは――。驚愕の結末で唸らせる表題作はじめ、交番勤務の警官や在外ビジネスマン、フリーライターなど、切実に生きる人々が遭遇する6つの奇妙な事件。入念に磨き上げられた流麗な文章と精緻なロジック。「日常の謎」の名手が描く、王道的ミステリの新たな傑作誕生!(新潮社)
初めて米澤氏の作品を読みました。どんな本にも惹句…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

全国大会in高松 つづき①

  • area51
  • 2014/12/24 00:23:00

今年もあと1週間。
9年ぶりに出場させてもらった合唱コンクール全国大会のことをもう少し書いておこうかな。

全国大会は一昨年は富山に歌いに、去年は千葉に「視察」に行き、自分たちの団としても3度目の出場なんで雰囲気はわかっていた、つもり。しかし、今回「お~、全国大会だ~」という実感は思わぬところで湧きました。11月21日、「大学ユース・一般室内合唱部門」の本番を翌日に控え「代表者会議」というものがありまし…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

17/12/2014

スティングは語り詠う

  • area51
  • 2014/12/17 23:33:00

TEDスーパープレゼンテーション。『スティング:再び曲を作り始められたわけ』
スティングの生い立ちは造船所と共にありました — 彼はこの重労働と工業の世界から逃げ出す事を切望する少年でした。しかし、何年も続くライターズ・ブロックに陥って作曲できなくなった後、彼は昔なじみの造船所の労働者たちの物語を歌い始めました。叙情的な告白の物語と共にスティングは新しいミュージカルの歌を、そしてアンコールで『メッセ…

続きはこちら

  • コメント (2)
  • トラックバック (0)

15/12/2014

日曜日に合唱連盟主催の「ヴォーカル・アンサンブル・フェスティバル」(VEF)という催しがありまして。簡単にいうと3名~12名の人数で、指揮者を立てずに聴き合って音楽しましょという催しです。

今回史上最多のなんと66チームのエントリー(うちひとつはインフルにより棄権)がありました。大盛況。かなりの数の演奏を聴きましたが印象に残ったことを少しだけ。
ジュニア部門=中学生以下という規定を考えないといかんかな…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

12/12/2014

ブラジルの作家パウロ・コエーリョの『アルケミスト 夢を旅した少年』という小説の中で主人公の少年(結局、最後まで彼は名前を与えられていない。それはそのことによって物語の普遍性を示しているのだろうと思われる)をエジプトへ導く師である錬金術師(すべての物質を金に変えることが出来る力を持つと信じられた)が、旅の終わりに少年に語る言葉がこころに残ります。それは「何をしていようとも、この地上のすべての人は、世…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

9/12/2014

来週で最終回、というのを今さら取り上げるのもなんですが『素敵な選TAXI』は面白い(*^_^*)
竹野内豊という人は「不毛地帯」では主役じゃないが頼れる部下役として存在感がありました。当然他のドラマで主役もやってるんだろうけど今回の「枝分(えだ わかれ)」という役は2枚目半からほとんど3枚目に近づく役柄ですごくハマってる。
で、バカリズム(本人は枝分行きつけの喫茶店のマスター役で出演)の脚本が面白い。…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

4/12/2014

フューリー

  • area51
  • 2014/12/04 23:19:00

12月、そろそろ今年1年間に観た映画を振り返ってみたくなりますがその前に。
ブラッド・ピットの『フューリー』
ブラッド・ピットの主演・製作総指揮で、第2次世界大戦下、たった一台の戦車で300人のドイツ軍部隊と渡り合った5人の兵士たちの姿を描いた戦争アクションドラマ。「エンド・オブ・ウォッチ」のデビッド・エアー監督が手がけ、共演にはシャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャら豪華俳優が集…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 11件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ