• 9件中
  • 1 - 9件を表示

29/5/2015

日曜日は合唱祭!

  • area51
  • 2015/5/29 00:37:15


老いも若きも年に一度集い歌い踊る?
長崎県合唱連盟長崎支部の合唱祭が5月31日(日)10時より長崎ブリックホールで開催されます。
小学生から仙人まで、歌う歓び・聴く歓びをモットーに一生懸命歌います。お時間のある方は是非、お越しください。当日券でもご入場可能でございますよ!


続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

21/5/2015

出番待ちの映画たち

  • area51
  • 2015/5/21 23:42:00

(個人的に)このクソ忙しい(失礼)時期に、観たい作品が次々と。
『マジック・イン・ムーンライト』
マジック イン ムーンライト
ウッディ・アレン監督が1920年代の南仏リゾート地を舞台に描くロマンティックコメディ。出演は「英国王のスピーチ」のコリン・ファース、「アメイジング・スパイダーマン」のエマ・ストーン。英国人マジシャンのスタンリーはニヒリストで毒舌家だが、天才的なマジックの腕前で人気を博していた。ある時、幼なじみのハワードか…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

20/5/2015

今回、東京行きに向け、SUICAエリアでも使用可というSUGOCAを長崎駅で2,000円分購入してみました(*^_^*)

2,000円のうち使えるのは1,500円。1泊2日だから、まずはそれくらいで。
さっそく(おそるおそる)羽田空港の京急線改札でピッ。

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

イミテーション・ゲーム/本編

  • area51
  • 2015/5/20 01:47:00

『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』
「イミテーションゲーム」の画像検索結果 第二次世界大戦時、ドイツ軍が誇った世界最強の暗号<エニグマ>。 世界の運命は、解読不可能と言われた暗号解読に挑んだ、一人の天才数学者アラン・チューリングに託された。 英国政府が50年間隠し続けた、一人の天才の真実の物語。時代に翻弄された男の秘密と数奇な人生とは――?!(TOHOシネマズ
「もうすぐ終了」告知が出てたので慌てて観に行きました。こ…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

19/5/2015

イミテーション・ゲーム/予告

  • area51
  • 2015/5/19 22:40:54

取り急ぎ報告するのはもうすぐ上映が終了しそうだからです。
「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」を見逃すのは実にもったいないですよ~。


続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

18/5/2015

東京から帰還~その①

  • area51
  • 2015/5/18 01:13:17

土日で全日本合唱連盟の総会出席のため東京へ。
総会終了後、築地の会場から銀座へ向け歩いていたら「パンチ佐藤」さんと出遭いました(*^_^*)やはり声がデカかった・・・。田舎者なんで「東京に行くとタレントさんとかに出会うかも~」と密かに期待しちゃうのですが、さすがに「パンチ佐藤」はまったく想定外だったな。
(その②があるかは未定です。)


続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

15/5/2015

2015年の最新作は・・・

  • area51
  • 2015/5/15 23:31:00


絵の修業のため、じじばばの家に居候してる次男坊の新作。まるで死んでいるかのようなじじは眠っているだけ(~_~;)
シーツの皺、カーテンの光。いい感じにはなっていると思うが、どう見てもご臨終だな。(じじはまだ元気です)



続きはこちら

  • コメント (2)
  • トラックバック (0)

8/5/2015

便利だけど不便

  • area51
  • 2015/5/08 23:42:00


今年もマンションの玄関に咲いた松葉菊。毎年写真撮ってます(~_~;)毎年の約束の不思議さよ。

写真とは全く無関係な話。
先日、とあるお通夜式に参列しました。カトリック式でしたので神父のお話の合間合間に典礼聖歌が歌われます。その2回目の聖歌の時だったでしょうか、オルガン伴奏で厳かに歌っている最中に何故か聖歌のリズムとはまったく無関係の8ビートのドラムのリズム音が「ズッズッチャッド、ド、ド。ズッズッチャッ…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

6/5/2015

翼をください/原田マハ

  • area51
  • 2015/5/06 22:57:00

決して、泣こうと思って原田マハを読むわけではありません。実際、下巻途中までは今回は泣かずに読み終えそうだ、と思いました。ああ、それなのに。やはり最後は泣かされてしまいました。

文庫版で上・下2巻。なかなかの読み応えがありました。
翼をください FREEDOM IN THE SKY 上(角川文庫) 翼をください FREEDOM IN THE SKY 下(角川文庫)新聞記者の翔子が見つけた一枚の謎の写真。1939年、初めて世界一周をした純国産飛行機「ニッポン」号に秘められた真実。アメリカ・カンザス州アチソン―この辺鄙な町で生まれ、世界…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 9件中
  • 1 - 9件を表示