<エヌログポータルに戻る

エヌログ利用規約

エヌログをご利用になるユーザは、以下の利用規約を遵守することに同意するものとします。

第1条(規約の適用)

エヌログ (以下「本サービス」という。)は、株式会社長崎ケーブルメディア(以下「当社」という。)が運営するサービスであり、NCMインターネット接続サービス契約者を対象に提供する無料のウェブログサービスです。本サービスをご利用いただく方は、エヌログ利用規約(以下「本規約」という。)を必ずお読みのうえ、ご同意ください。

利用者は、本規約の他、インターネット契約約款(以下「契約約款」という。)が適用されることを確認するものとします。本規約に規定のない事項については、「契約約款」が適用されます。 当社は本サービスを利用する方の了承を得ることなく、本規約を変更することがあります。この場合、本サービスの提供条件は変更後の本規約を適用します。

▲ このページの最初へ

第2条(定義)

本規約における用語を以下の通り定義します。

(1)「ウェブログ」とは、文章や写真等の情報を、サーバ上に日記形式で保存し、
   インターネット上に公開するコンテンツサービスをいいます。
(2)「管理者」とは、本規約に同意のうえ、本サービスを利用してウェブログを開設・運営する、本サービスを
   利用する方をいいます。
(3)「投稿者」とは、管理者が本サービスを利用して運営するウェブログに、自らの意見等の情報を送信することにより、
   当該ウェブログに参加する方をいいます。
(4)「利用者」とは、管理者及び投稿者を併せた、本サービスを利用する方をいいます。

▲ このページの最初へ

第3条(本サービス)

  1. 本サービスは、管理者に対し当社が所有するサーバ上のスペースを貸与し、その他の付加機能を提供することで、管理者によるウェブログの開設を可能にするサービスです。
  2. 本サービスにおけるウェブログはNCMインターネット接続サービス契約者のみが開設できます。
  3. 本サービスの利用契約は、NCMインターネット接続サービス契約者が本規約に同意のうえで、定める手続に従い本サービスへの申込をなし、当該申込者を管理者として登録した時点をもって成立するものとします。

▲ このページの最初へ

第4条 (ユーザ認証情報及びURLの管理等)

  1. ユーザ認証情報及びURLの管理および使用は、本サービス利用者本人が責任を負うものとします。なお、当社はログイン時に使用されたユーザ認証情報が登録されたものと一致することを所定の方法により確認した場合、当該利用者を真正な管理者とみなします。
  2. 本サービス利用者は、ユーザ認証情報及びURLを他人に使用させ、または、貸与、譲渡、売買等しないものとします。
  3. 当社は、本サービス利用者によるユーザ認証情報及びURLの管理上および使用上の過誤ならびに第三者の使用に伴う損害等について、一切その責を負わないものとします。

▲ このページの最初へ

第5条(著作権の帰属)

  1. ウェブログに掲載された情報に関する著作権は、当該著作物たる情報を創作した著作者または著作権者、その他正当な権限を有する者に帰属するものとします。
  2. 前項に拘らず、当社は、本サービスにおいて利用者がウェブログに掲載した情報を、本サービスの宣伝または広告を目的として、利用者への通知なしに自由に利用することができるものとします。また、当該利用において、当社は当該情報を、利用者への通知なしに自由に要約等、改変することができるものとします。

▲ このページの最初へ

第6条(禁止事項等)

  1. 管理者は、本サービスを通じて、以下に定める禁止事項に該当するまたは該当するおそれがある行為を行ってはならないものとします。なお、投稿者が当該ウェブログにおいて行った情報の発信が以下に定める禁止事項に該当する、または該当するおそれがある場合は、管理者は当該情報を自己の運営するウェブログ上から削除しなければならないものとします。

    (1)第三者または当社の著作権、その他の知的財産権を侵害する行為。
    (2)第三者の財産、プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為。
    (3)第三者を差別もしくは誹謗中傷し、または名誉・信用を毀損する行為。
    (4)詐欺等の犯罪に結びつく行為。
    (5)わいせつ、児童ポルノまたは児童虐待にあたる画像、文章等を送信・掲載する行為。
    (6)その他法律、規則、条令等の制定法に反する行為。
    (7)本規約、法令もしくは公序良俗(売春、暴力、残虐等)に違反する行為。
    (8)無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、またはこれを勧誘する行為。
    (9)当社のサービス、または第三者が管理するサーバ等の設備の運営を妨げる行為。
    (10)ウェブログの記事とは無関係な不特定多数のブログページの記事にトラックバックを送信する行為。
    (11)コンピューターウィルス等有害なプログラムを使用もしくは提供する行為、またはそれらを支援、宣伝もしくは推奨する行為。
    (12)他人になりすまして本サービスを利用する行為。
    (13)前各号に定める行為を助長する行為。
    (14)前各号に該当するおそれがあると当社が判断する行為。
    (15)その他、当社が不適切と判断する行為。

  2. 当社は、利用者が本サービスを通じて行った情報の発信が、前項で定める禁止事項のいずれかに該当し、もしくは該当するおそれがある場合、またはその他の理由で不適当であると判断した場合は、当社の判断により、利用者に事前に通知することなく、以下の措置を行うことができるものとします。

    (1)管理者に対する利用者が発信した情報の削除の要求。
    (2)利用者が発信した情報の削除の実施。
    (3)管理者による本サービスの利用の停止。

▲ このページの最初へ

第7条(自己責任の原則)

  1. 当社は、本サービスにより利用者が公開しまたは投稿したコメント、画像、動画、音声その他一切の情報について、これを管理しまたは監視する義務を負いません。
  2. 利用者は、自己責任のもとで本サービスを利用するものとし、利用者その他第三者から、問い合わせ、クレーム、請求等があった場合、当社がこの対応に関与しないことを了承し、自己の責任で誠実にこれに対応するものとします。

▲ このページの最初へ

第8条(管理者の責任)

  1. 管理者は、自らが開設したウェブログの管理及び運営に関して一切の責任を負うものとします。
  2. 管理者は、本規約、契約約款、その他別途当社が定める本サービスに関する諸規定を自ら遵守するとともに、投稿者に対しても遵守させる義務を負うものとします。
  3. 管理者は自らが開設したウェブログに関して生じた一切の紛争等を、自らの費用と責任をもって解決するものとし、当社に何ら迷惑をかけたり、損害を与えたりしないものとします。
  4. 管理者は、自らが開設したウェブログに関して、当社及び投稿者を含む第三者に損害が生じた場合、自らの費用と責任をもって、当該損害を賠償するものとし、当社に何ら迷惑をかけたり、損害を与えたりしないものとします。

▲ このページの最初へ

第9条(管理者のデータ保存について)

管理者は、自己の作成したウェブログを構成するテキストやその他のデータ等について、自己の責任において保存するものとし、当社サーバ側ではこれらのデータの保存内容について保証しないものとします。

▲ このページの最初へ

第10条(免責)

  1. 当社は、本サービスの内容について、その完全性、正確性、確実性、有用性等につき、いかなる保証も行わないものとし、管理者及び投稿者の本サービスの利用により生じた結果に対する一切の責任は管理者が負うものとします。
  2. 当社は本サービスの提供に関し、以下に定める利用者に生じた損害および情報の消失について、いかなる場合においても一切責任を負わないものとします。

    (1)当社の責に帰すべからざる事由から生じた損害
    (2)当社の予見の有無に拘らず、特別の事情から生じた損害
    (3)情報の消失、毀損等による損害を含む、逸失利益
    (4)投稿者を含む第三者からの請求等により生じた一切の損害
    (5)通信回線やコンピューター等の障害によるシステムの中断もしくは遅滞、データの消失または不利益等、その他本サービスに関連して生じた損害
    (6)当社が利用者に対して、適宜情報提供やアドバイスの結果により生じた損害

  3. 当社は、当社のウェブサイト、サーバ、ドメイン等から送信される電子メール、本サービスのウェブログデータ等その他のコンテンツに、コンピューターウイルス等の有害なものが含まれないことを保証しないものとします。

第11条(一時的な提供中断)

  1. 当社は、本サービス用の設備の保守作業、天災等の不可抗力その他の理由により、何らの責任も負うことなく、本サービスの運営および提供を中止しまたは中断することがあります。
  2. 当社は、前項の規定により本サービスの運営および提供を中止または中断する場合には、当社所定の方法により事前に本サービス利用者にその旨を通知します。ただし、緊急やむを得ない場合はこの限りではありません。

第12条(利用の終了)

  1. 本サービスの利用契約は、管理者が、当社所定の手続に従い本サービスの終了を申し入れた場合、当社による処理完了手続後、本サービスが終了となります。
  2. 本サービス利用者が当社所定の手続きに従い、メールアドレスの解約及び変更等により本サービスのURLを失った場合、本サービスの利用も自動的に終了することとなります。なお、本サービスの終了に伴う損害、情報の消失、その他の費用の賠償または補償を免れるものとします。

第13条 (個人情報の取扱い)

  1. 当社は、本サービスを提供するために必要な利用者にかかる情報を、適法かつ公正な手段により収集し、適切に取り扱うものとします。
  2. 前項により、収集し知り得た利用者に係る氏名若しくは名称、電話番号、住所若しくは居所、請求書の送付先等、及びその他当社が、別に定める利用者に関する情報を、当社は、次の各号の業務の遂行上必要な範囲を超えて利用しないものとします。

    (1)サービスの提供を開始、継続、又は終了(施工、顧客管理、課金計算、料金請求、障害検知・復旧等の業務に必要な場合を含む。)するために利用する場合。
    (2)当社が提供するサービス(有線テレビジョン放送サービス、インターネット接続サービス、IP電話サービス及びそれぞれの付加機能、追加サービス、附帯サービス等を含む。)の加入促進を目的とした営業活動で利用する場合。
    (3)サービスの新規開発、サービス向上、顧客満足、解約理由の調査、分析を行なう場
    (4)利用者から個人情報の取扱いに関して、新たに同意を求めるため利用する場合。
  3. 当社は、前項の利用目的に必要な範囲で個人情報を業務委託先に預託する場合があります。
  4. 当社は、次の各号の場合を除き、本人以外の第三者に個人情報を提供しないものとします。

    (1)本人の同意がある場合。
    (2)裁判官の発付する令状により強制処分として捜索・押収等がなされる場合。
    (3)法律上の照会権限を有する公的機関からの照会がなされた場合、その他法令の規定に基づき提供しなければならない場合。
    (4)人の生命、身体及び財産等に対する差し迫った危険があり、緊急の必要性がある場合。
    (5)個人情報の保護に関する法律で認められている場合。

第14条(損害賠償)

利用者が本規約に反した行為または不正若しくは違法に本サービスを利用することにより、当社に損害を与えた場合、当社は該当利用者に対して相応の損害賠償の請求(弁護士費用を含む)を行う場合があるものとします。

第15条(準拠法、管轄裁判所)

本規約は日本国の国内法に準拠するものとし、利用者と当社との間における一切の紛争等については、長崎地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

附則:この規約は2006年12月1日から実施します。

▲ このページの最初へ